車購入は、試乗車が狙いめ

我が家では、新車同様の新しい車を買いますが、ディーラーで買ったことはありません。
どのようにして購入するかといいますと、友人などの紹介による信頼できる中古車業者に、自分の欲しい車の条件を出します。例えば、ワンボックスや軽自動車などの車種、色、年式、予算などなど。そして、希望に近い車を、業者さんにオークションで落としてきてもらうのです。
すごくこだわりのある人にはおススメできない方法ですが、だいたい希望に合っていればOKと思える人にはおススメです。
我が家では、これまでに軽自動車1台とワンボックスカー1台をこの方法で購入しました。どちらも、ほぼ希望通りの車を手に入れることができました。
業者さんも、なるべく状態の良い車を探してきてくれます。これまでにこの方法で購入した2台とも、新車さながらのピカピカでした。
それもそのはず、中古といっても試乗車だった車なのです。試乗車だっただけに、カーナビや自動スライドドアなど、装備も整っています。
夫の実家でも、同じ方法で車を購入しました。そちらも状態の良い車を手に入れたのですが、その車は某国の大使館で使用されていたものだそうです。
私は、あまり車に詳しくなくて、いつも夫に任せきりなのですが、中古車にも色々あるんだなあと思いました。中古車といえば、中古車屋さんのお店に出向き、その中から選ぶものだとばかり思っていました。
でも、いまは、色んな買い方があるんですね。
新車同様で値段が安いなら、この方が絶対にいいと思います。

最近増えた新古車購入

最近、車を購入しようとする際、正規ディーラー以外で良くお薦めされるのが新古車です。

新古車といえば、お店に飾ってあったものであったり、あるいは試乗車など様々なものがあります。
基本的にきれいに扱ってくれていますので、新車と比べてもそれほど変わりはないような気がします。
室内が若干汚れることもありますので注意は必要ですが、気にしない人であればそれで十分ですよね。

展示車と試乗車。
似たようなものですが、注意も必要です。

最近の車は、昔と比べ格段に精密度が増しています。
以前のように、車両によって当たりはずれがある、などということは少ないですし、また、エンジンにしてもそれほど注意が必要だという認識も減ってきました。
ディーラーの営業の人にしても、慣らしは不要と考える人も多いようです。

一般の人に関してもそうですよね。
そこまでしなくても、と考える人が増えたかと思います。
興味自体も減っていますからね。

とはいえ、試乗車に関しては、同じような乗り方をする人ばかりではありません。
丁寧な人もいれば雑な人もいます。
後々影響が出る、なんてことも考えられます。
やはり展示のみの車の方が安心ですよね。
そのあたりも注意してみてはいかがでしょうか。

それともう一つ。
車検時期の確認を怠らないようにしましょう。

新古車の場合、登録時期が随分と前の車がありますので、すぐに車検が来るような感覚になります。
ある意味、新車を買った方がお得なのでは?などということもありますので注意が必要です。

最終的にどちらがお得かとは何とも言いかねますが、どうなっても後悔しないよう決めることが大事ですよね。

我が愛しのFIAT500

FIAT500に乗っています。色は黒です。足回りをチューンナップしています。さすがはイタリアのセンスが凝縮された車、小さいのに抜群の走りをしていくれます。日本では街乗りにいいセカンドカー的な位置づけに思えますが、確かにスペックとしてはそうかも知れませんが、車のポテンシャルを考えたら、とんでもない話です。しっかりと走りを楽しめる相棒のようなやつです。面白いのはボタン一つで切り替わるノーマルモードとスポーツモードの違い。ノーマルモードではややぬるっとした感じの走り心地で、なんとなく普通。ただの見た目かわいいだけの車か?という感じがしますが。スポーツモードに切り替えた瞬間に、え!?さっきまでのキミと同じ車かい?と驚くほどに、アクセルの反応も良くなり、ハンドルも重くなり。正直ひとつの車でこんなに変わっていいのかしら?と笑えて来ます。でもそこが愛着のわくポイントでもあります。正直、癖は強いと思います、オートマチック車にあるクリープ現象、停止していてブレーキを離すと、すーっと勝手に進んで行くアレ。が全くありません。なので、坂道発進では上手い事アクセルワークをしないとマニュアル車のように後ろに下がってしまいます。でも、それすらまた愛着のわくポイントです。つまりすごく可愛いのです。可愛いのは車の持っている性質だけではありません。見た目もです。昔のFIAT500はかなり小さい車なのに、ファンがいまだにいますよね。その訳は車のデザインだと思います。500に乗っているという事が誇らしいのです。その気持ちを全く裏切ることなく新しいフォーマットにしたという意味では。MINIの比ではないと思います。そして、ガレージをみて今日もニヤニヤするのです。

ミニバンに車を買い換えました

私は数ヶ月前に車を買い換えました。

それまで使っていた車は走行距離が18万kmを越え、来月に車検を控えていました。当初はその車検のあるタイミングで車を買い換えるつもりでいたのですが、春先に突然動かなくなってしまったのでした。

ある日のこと、私は二人の子供たちを連れて、家の近くのスーパーへ買い物に出かけたのですが、スーパーの駐車場で突然車のエンジンがかからなくなり、近くにいた人に安全な場所へ押してもらって動かしたほどでした。

ガス欠でもバッテリー交換でもないと思った私は不安になり、近くにあったガソリンスタンドの人を呼んで見てもらうと、エンジンを取り替えないと動かないとのことでした。

数ヵ月後に廃車にしようと予定していた車のエンジンを、わざわざ取り替えるのは大変もったいないことなので、私はそのタイミングで車を買い換える決心をしました。

私の場合、自宅から会社までは往復で約50kmもあり、土日のプライベートでの運転なども合わせると、年間1万8000kmほどは走ります。

新車を買ってもすぐに走行距離が増えてしまうため、年式を多少古くする代わりに走行距離がそれほどない新古車を買おうと、いろいろと探しました。

二人の子供たちの今後の成長を考えると、ミニバンなどの大きめの車が欲しいと常々思っていたため、7人乗りから8人乗りの車を中心に探しました。

幸いにして、予算や年式、走行距離とも私の希望に合う車が見つかり、私は購入しました。

天井にはフリップダウンモニタも取り付けられていて、DVDなども見ることができる車です。小さな子供たちもこれには大満足でした。

スカイラインは最高の愛機

スポーツカーが全盛の頃、スカイラインやシルビアといった車高の低いスリムな車が人気がありました。
私も流行にのってスカイラインのGT-Sを購入するために、貧乏学生ながらアルバイトで懸命にお金を稼ぎました。
中古での購入でしたが、自分で貯めたお金で購入した車だったので非常に愛着がわいた車だったのを記憶しています。
街を走ると非常に目立つ真っ赤なボディに、シートやエンジンを改造して自分流のカスタムを楽しめるのもスポーツカーの魅力です。
スカイラインは当時人気が高かったので、多くのショップでは様々なパーツを揃えていました。
人との違いを出すために、ボディの色を変えたりエンジンをカスタムしたりしている人が多かったです。
私は見た目重視で攻めていたので、艶のある真っ赤なボディは非常に満足していました。
街中だけではなく、峠道などでも目立ったのか、よく休憩中に会う人に声を掛けられることもありました。
箱根などは走り屋も多いので、同じスカイラインの人などはライバルになったり仲間になったりしてカーライフを楽しむことができました。
学生だったので、徐々にカスタマイズすることも非常に楽しめました。
一括で支払いができなかったですが、毎月の給料を車だけにつぎこめたのはその当時が最大だったと思います。
ちょっとずつカスタマイズする感じは、ロールプレイングゲームのレベルアップに近い感じでした。
愛着が強かったので、メンテナンスもしっかりと行ったことで10年以上乗り続けることができました。
もう一度当時に戻っても、やはりスカイラインを選ぶと思います。

うちのゴルゴル君

現在の我が家の愛車はフォルクスワーゲンのゴルフⅥです。

もともとはホンダのFITに乗っていて全く買い替える気はありませんでした。

ところがある時、義父に「プリウスを買う予定だが2,3年しか乗らないだろうからそしたらお前たちにやる」と突然言われ、主人と二人でポカンとしてしまい、主人が冗談でだったらFITを譲るから自分たちの好きな新車が欲しいと言ったところ、これが何故かあっさりOK。

そこから急きょ、車選びが始まりました。

機械式駐車場に入るFIT位の大きさで、FITより乗り心地が良くて高級感のある車という条件で探すと日本車に該当するものがなく、人生初の輸入車になりました。

輸入車なので最初はかなり不安があったのですが、乗ってみてびっくりです。

営業マンが走る、止まる、曲がるは完璧な車ですと言っていましたが、本当に長距離乗っても全然疲れないんです。

フレーム合成がしっかりできているため高速コーナーでも抜群の安定感があり、排気量は1.4?ですがツインターボ搭載型なのでパワー的にも問題ありません。

GTIではないので高速走行した時にパワー不足を多少感じることもありますが、その分街中走行でも平均12~13㎞/?とガタイの割に燃費も非常にいいです。

ただし車検証がダッシュボードに入らない、小物入れが少ない、電動シートじゃないなど不便を感じる所もありますが、あばたも笑窪じゃないですけどそんな満点ではない部分も気に入っていたりします。

我が家ではゴルゴル君と愛称で呼び、購入以来すっかりロングドライブが趣味になってしまいました。

しかも旅先で「ゴルゴルとなまはげ」とか「ゴルゴルと長良川」など親ばか丸出しの写真を撮りまくり、主人に至っては専用のアルバムまで作る始末です。

おかげで1回目の車検の前に4万キロを突破してしまい、果たして10年乗れるのかちょっと遠い目になっています。

フォルクスワーゲンの隠れた名車ルポ

私の思い出の車は、フォルクスワーゲンのルポです。ワーゲンで過去最小サイズの車であるにも関わらず、ワーゲンらしさ、ドイツらしさが詰まった素晴らしい車でした。ルポが発売されたのは15年ほど前でしょうか。当時私はTOYOTAのデュエットという小さい車に乗っていました。輸入車へのあこがれはありましたが、まだ20代前半だったので、さすがにまだ生意気だろうと思っていた矢先に、ルポが発売されたのです。一目惚れとはこのことかと思うほど、その可愛らしいルックスにやられてしまいました。丁度同じころにワーゲンのポロもモデルチェンジをして、そちらの方が4ドアで全然人気があったのですが、ルポという車に反応した人は多かったと思います。ちんまりしたチョロQのような車で、色もとてもポップでした。多く見られたのは黄色、赤、ブルーあたりでしょうか。私は赤を選びました。でもまだ23歳くらいでしたので、自分としては小さいとはいえ贅沢かなと思ったのですが、ディーラーに行った時に担当してくださった営業の方が、全くゴリ押しすることなく、すごくスマートにルポの良さについて語ってくれました。その営業の方の売り方のスマートさに心打たれたというのもあるんです!良くある車の営業は、今日決めてくれれば、いくらお安くできます!とか、しつこく電話ばかりかけてこちらがゆっくり比較検討したい気持ちを追い込むようなものがありますよね。そんなものとは全く別次元の素晴らしい売り方でした。そして感動したのは、私が車を購入することにして、すべての判子を押し終えた時、その営業の方は「実は、私、今月一杯で定年退職するんです。なので**さんは思い出に残る最後のお客さんだと思います。」と言って下さり。最後までやられっぱなしでした。私はまだ若かったので、こんなオトナになりたいと感動した思い出の車です。その後のルポとの暮らしは本当に楽しくて、小さいのに抜群の走りのセンスがあり、高速でもすばらしかったです。160キロくらいだしても全然安定していました。今まで乗った車の中では一番乗っていて楽しかった車です。

30代女の乗るストリーム

私の現在の愛車はホンダのストリームです。今まで3台の車を乗り継いできましたが、今のところ一番お気に入りです。
中古車として購入したのが4年前。昔からどうしても黒い車に乗りたくて、販売店の方に探していただいて購入しました。以前のオーナーさんが大切に乗っていらっしゃったらしく車内はとてもきれいです。ホイルやサスも交換されており、車好きな方だったんだなぁと感じます。あまり使用することはありませんが、サンルーフ付きなのも自慢の一つです。自宅近くに海岸線があるのですが、晴れた日にサンルーフを開放して走るととても心地いいです。
一人暮らしの女性で7人乗りの車は必要ないと思われがちですが、自己満足でも好きな車に乗りたいと考えています。
車はその人の個性が前面に出ると思います。運転の仕方に性格がでるのはもちろんですが、社内を見てもきれい好きかどうか、シンプルなスタイルが好きか、細々と飾りつけを施すのが好きかがわかります。流れている音楽で音楽の趣味も分かります。私の持論では、車を見れば大体その人がわかると感じています。小さな空間で自分が快適に過ごせる空間を作るのが車内です。私は、なるべく安定感のある大きな車で、社内は常にシンプルであることを心掛けています。ごみもこまめに捨てます。
車が主な移動手段である私の地元では、いろいろな車が走っています。走ればいいやではなく、できるだけ自分の快適な空間を保てるような車に乗り続けたいです。